第一子 産後の入院記録(個室)おいしいご飯の日々

体験記

出産予定日におしるし、陣痛がきて、日付が変わる頃には出産終わり。われながらスピード出産だったなぁ、おおきなお尻で悩んだ人生も少しは報われたなぁと思いました(笑)

出産レポートはこちら! 大体の時間も思い出せる限り書いてます。

ここからは、入院時の記録になります。身体の変化や、いつどんな検査しただとか、ごはんはどんなのだったか? とか。自分用の記録になりますが、どなたかの参考になりましたら幸いです。

※ほとんどご飯の話です。

0日目

7:00

陣痛室での経過観察が終わり、個室に移動。ゆっくりですが、動かなかった足が動き、自分で歩けることに感動! 出産後そんなに経ってないのに歩けるって……人間って怖い(; ̄Д ̄)

個室は、ウォシュレット・シャワー・冷蔵庫・テレビなど一通りの設備が揃っていて快適です。

冷蔵庫にジュースも入れてくれていたので、ゴクゴクいただきました。さすがに疲れてますね……。

このジュース、どれも美味しくて助かりました。産婦人科に勤務している女性メンバーで、こういうサービスとか、退院時のプレゼントとか、考えてくださっているみたいです。ありがたや~

8:00

わんこ旦那と母に、部屋番号を連絡して、少し仮眠……と思ったら朝ご飯が。

朝食

わーい、パンだ(*´Д`*) 豆乳もめっちゃ好きやし、うれしい! スープはしょっぱくて、具だけ食べた(笑) ただでさえ、産後だからか、ちょっとむくんでいるので……。

そして、昼前まで、またうつら~としました。オマタが痛くて(縫ったところ)、骨盤も痛くて、足もまだヨレヨレだし、うまく眠れません。

おしっこは昼ぐらいにしたかな? 思ったより染みなかったので、結構余裕でした。でもおしっこの度にウォシュレットで洗うのが、怖いです!

昼食

お昼はキーマカレー(´∀`*) 母乳にカレーって大丈夫なのかしら? と思ったけど、この病院は「そんなことより体力つけろ!」ってスタンスみたい。いぬもち旦那が来てくれて、一緒に昼食をとりました。

なんとか階段を下りて、1階にわが子を眺めに行く。

なんとなく可愛い……ような? もっと母性が溢れ出てくると思っていたので、自分の冷静さは結構意外でした。

そのあと、続々と親戚が到着……まだ部屋に赤ちゃんいないのね

祖母が沢山お菓子くれました! ピラケーキもバームクーヘンも大好き!

夕食

そして、みんなが帰った後、いぬもち旦那と一緒に夕飯。

ホイル焼きの中身、タラとシャケが重ねられてて、上に海老やホタテ・ベーコン・キノコが乗っていて、バジルソースがかかってた。ダシが出てめっちゃ美味しかった~

Wi-Fiのみつながるタブレットしかもっていないので、インターネットに一切接続できず(笑)
夜の8時ぐらいには布団に入って、何故か何度も起きながら、結構ぐっすり眠りました。

明日から、母子同室……!

1日目

朝、結構早くて6:00ぐらいには起こされます(笑)病院ってこんなもんなのかなぁ?

朝食

目玉焼きに焼き魚とか最高だ! ふりかけは使う機会がなく……

許可が下りたので、わんこ旦那が来てからシャワーを浴びる。オマタ洗うの怖いし、ずっと立ってるのもつらいし、いろいろ恐怖のシャワーでした。

昼食

昼にオムツ替えと授乳の指導へ。全然うまくできる気がしない……。

昼ごはんは、今入院している別のママさんたちと一緒に。私の後に陣痛室に来た方と二人きりでした(笑)経産婦さんで、色々ためになるお話が聞けましたよ。やっぱ情報交換大事。

母子同室

同室になった途端に親戚がみんな来てびっくり! いとこやおじさんおばさんまで(笑)みんないたので、お名前発表もしましたよ。

途中で様子を見に来た助産師さん(出産の時と同じ人)が、「今日は旦那さん泊まる?」と聞いてくれました。「え? 泊まれるんですか?(追加料金はいやだ)」と聞くと、「そのソファがベッドになるよ~」と教えてくれました。

わんこ旦那、急遽泊まることに(笑) 布団を取りに帰って、夕飯食べて、また来てくれました。

夕食

私の夕飯。プリンは夜食に。

すこーし小さく産まれたわが子。飲むミルクの量のすごく少なくて、10mlとか大丈夫なのかしら。

夜は、とりあえずいぬもち旦那にミルク作り&寝かしつけ をお願いして、私は授乳&体力回復のため寝る! をしてました。わが子より先に寝たんじゃないか私。

2日目

朝食

朝、わが子がぐっすり眠ってくれている間にご飯。

大好きなピザトースト! 美味しかった(*´Д`*)

食べ終わったぐらいで、わが子は沐浴のため一旦私たちとお別れ。わんこ旦那と二人で、戻りを待っていたんですが……

「戻ってこねぇ…… (´▽`)」

2時間ほど待っても戻ってこず。そろそろ聞きに行ってみようか?と思ったぐらいに、部屋に助産師さんが説明に来てくれました。

「黄疸が出てるから、今日は別室で。治ったら、明日の朝からまた同室ね~」

ええ!? とびっくりしたけど、黄疸って結構な確率でどの新生児にも発生するものらしく、とりあえず死にはしないぽくて安心(死にそうだったら緊急搬送されるよね)

「……これ幸いと休むか」

とわんこ旦那と昼寝したりして過ごしました。わが子が部屋にいないとわかると、誰もお見舞いにきません!(笑)

昼食

いぬもち旦那は一旦帰宅。久々にひとりで昼ごはん。

シェフがお休みの日みたいで、とんかつがラップに包まれて登場! 共有の電子レンジであたためていただきます。とんかつおいしい……。

夕方、母・父・妹が来てくれて、洗濯物などを回収してくれました。わんこ旦那は、お休み最終日。明日からのお仕事のため、少し遠い自宅へ帰宅。

夕食

独りの夕飯……

弁当! 紐をひっぱると、温まるやつでした~

これがめっちゃ豪華でして……

おかずモリモリ! いぬもち旦那に少し持って帰ってもらえばよかった(涙)近くの有名な仕出し弁当のお店で、めっちゃ美味しかった……高そう。

わが子がいないので、夜はダウンロードしておいたらAmazonPrimeを見ながら、まったり出産の日記をつけました。全然準備していなくて、ゆるキャンアニメの最終話と、ペンギンの群れの中にダミーカメラで進入するやつしか、ダウンロードしてなかったですw

まだまだオマタが痛くて、C字になっている椅子にしか座れません。ベッドに寝転ぶのも激痛。起き上がるのはもっと激痛。こんなんで新生児の世話できるのかな……?

3日目

わが子がいないので、ゆっくり眠れ……なくて、何故か時々目が覚めました。母としての能力なのかな?

朝食

卵+焼き魚が基本なのかな? うれしいです。

朝、赤ちゃんが帰ってくるなぁとドキドキして待っていると、助産師さんが部屋へ。

「黄疸はOKだけど、点滴を夜までしたいから、まだ別室で。お世話は出来るから、身体が大丈夫なら来る?」

「行きます!」

というわけで、数時間ごとにオムツ替え&授乳へ行くことに。

のちに先生から説明を聞いたところ、血液がどろどろで、点滴で薄めないと血管が詰まる恐れがあるかも、とのこと。とりあえずミルクも量を増やすことになりました。

昼食

カレーうどんとおにぎりっていう組み合わせ……(笑

母乳が少し出るようになってきたのか、わが子の吸いつき具合がよくなってきました。母乳がいっぱい出た方が、ミルク代が安くなると聞いていますので(笑)節約家族の一員として、わが子にも協力していただきたい……母乳が出るように、頑張って吸ってください!

夕食

お世話に行くと、点滴が逆流してしまうらしく、夜からは、搾乳して持っていくことに。搾乳、手でやるのですが地味につら……頑張っても10mlも出ないし。

夜はおでんでした。

新生児室に、点滴の経過を聞きに行こうとしたのに、おでんの固形燃料の火を付けられてしまい、部屋から出れず(涙)

仕方ないので、おでんを食べていると、母と妹が来てくれました。また洗濯物回収してもらって、赤ちゃんがいないことに文句を言われたりして(私にどうしろっていうんやー!

そして、結果は今夜も母子別室。まだ点滴を続けないといけないそうです。そろそろ不安になりそうですが、まぁ休ませてもらえるのかなぁと……思って休みます。

夜のカフェタイム。この時に出産レポートをメモしておいたので、ブログにも書けました。この時の私、ありがとう。

明日4日目は、とうとうオマタの抜糸。抜糸をすると痛みは楽になるそうですが……抜糸自体が怖すぎて、前日から震えてました(T_T)

4日目

さて、ドキドキの朝です。今日は抜糸です。

朝食

ボリュームのある朝ご飯にも慣れてきたこの頃。点滴の経過次第では、母子同室になれるのですが……?

助産師さん「また黄疸の値が高くて……夜まで光線治療だよ。でも、夜から同室だから」

またまた猶予が伸びちゃった! 夜まで、最後のノンビリタイムです!

抜糸

抜糸……(‘д` ;)

診療時間の後に行きます。一緒にお昼ご飯を食べた経産婦さんと一緒。経産婦さん、前回は溶ける糸での縫合だったらしく、抜糸は初めてだそうです。二人でビクビクしながら、呼ばれるのを待ちました。

母(経験者)曰く「ちょっとチクっとするだけ! 痛くないよ!」

妹(医療従事者)曰く「抜糸は痛くないでしょww」

だったので若干信じていたのですが……

ねこもち
ねこもち

めっちゃ痛かったわ(_´Д`)

糸を切る時に若干ひっぱるみたいで、その時がもう痛い痛い……ただ、溶ける糸ってトラブル多かったり、かなり長い期間ひきつる感じが残るみたいなので、抜糸するのが一番楽みたいですね。

抜糸して数分後には……

スッキリ……(‘▽’*)

って感じでした。この時は「もう痛くないんだ!」って思っていた。この時はね。

昼食

お昼はまた、一緒に入院しているママさん達とごはん。少し人数が増えてにぎやかに。経産婦さん達の話は参考になるなぁ。

途中でわんこ旦那が現れてびっくり(会議で近くにきたので、寄ってくれたらしい)少しだけお話できてよかった。

夜の母子同室に向けて、カフェタイム。

夕食

夜ご飯。

グラタン、少ししょっぱかったー! ごはんにかけて食べました。

夜、無事に同室に。沢山水分を取らないといけないので、今まで以上にミルクを沢山のませないとダメみたい。眠っているところを起こして飲ませるのが大変……。

退院までにお世話をマスターできるかも心配……。

5日目

朝、沐浴にいったわが子。帰ってくると残念なお知らせが……

先生「ずっと体重が減っていて、このまま増えなければ母子一緒に退院できません」

まじかー(; ̄Д ̄) 産まれてすぐに新生児は体重が減るのですが、わが子の場合は、生後2日目で110g増え、その後はひたすら減少……なので、とにかく沢山飲ませろ! とのこと。

母乳+ミルク40ml(朝) 60ml(夜)の指示なのですが、沢山飲んでいるせいか、わが子全然目覚めず(TДT)無理やり起こして、飲ませるのすごくつらい!(飲んでる途中もずっと寝続けるので、常に起こし続けるはめに……

精神的疲労がたまりますわ。

朝食

パンうれしい! 左がチーズ・右がクリームのデニッシュ でした。

昼食

昼は、母が来てくれて一緒にごはん。

最後の昼食、中華で豪華~

夕食

夜は、お祝い膳でした。

なんと、大好きな牛肉(*´Д`*) ステーキでした!

おいしすぎた! シェフありがとうございました!

さすがに量が多くて、右上の赤飯を残しておきました。わんこ旦那が夕飯後にお見舞いに来てくれて、夕飯として渡しておきました。無駄にならなくてよかった!

6日目

夜中、飲まされまくって、相変わらず起きない我が子。母乳を飲むのは疲れるとのことで、母乳⇒ミルクの順番でやると、母乳後半からずっとオネム状態。

夜はミルク60飲ませて! との指示でしたが、どうしても寝てしまって30しか飲まず……で、朝。

助産師さん「ママがそんなんじゃダメですよ! 脱水症状になったらどうするの!?」

私「すすすすみません(’A`|||)」

確かに、自分で空腹を訴えられない赤子なので、ちゃんと無理やりにでも必要量飲ませなきゃなのね。反省。

(とこの時は思いましたが、赤ちゃんは飲みたい時に好きなだけ飲むので、そこまで神経質にならなくてもOKのようです)

朝食

朝ご飯の後は、退院のかかった体重測定だったので、ささっと食べて、母乳とミルクめっちゃ飲ませる私! なんかズルっぽいけどごめんね。

そして、わが子は沐浴&恐怖の体重測定へ……。私は問題なく退院できそうなので、ゆっくり動いて準備。

時間になったら、一般の待合室にいって診察してもらいました。内診グリグリっぽいのされたけど、全然痛くなかった!!! おびえて損した!(抜糸の痛いのがトラウマ

診察時に、母子一緒に退院できるよと教えてもらって一安心。血液型を検査したカードももらった(結果は予想通り……

退院

部屋に戻ってみると、わんこ旦那と母が部屋を片付けてくれていました。ありがたや~

そして、すぐ戻ってくると思っていた我が子、1時間待っても戻ってこず! 他の赤ちゃんはすぐに部屋に戻ってきてるのに!

「もしかして、私が迎えに行くのか?」と不安になったあたりで戻ってきました(笑)黄疸検査していたので時間がかかったみたい。

授乳してから、買ったばかりのベビーシートに我が子をセットしてあげました。

Joieのチャイルドシート買いましたよ。

我が家は四輪ではなく、三輪のやつにしました。

そして、退院の手続き。我が家はクレカで全額ニコニコお支払い……のはずが、上限解除を50万円にしちゃったわんこ旦那のおかげで、支払エラー……。幸い、クレカを複数枚持っていたので、支払を2つに分けてもらって無事に終わりました。

(あれだけ、上限解除お願いね! って言ったのに)

(まぁ、たぶん支払50万ぐらいでしょ! って言った私も悪いんですが)

最後に、「このまま体重が増えなかったら、その時は母子ともに入院だから! 体重の変化と黄疸検査するから、5日後にまた来て!」と言われる。・゚・(ノД`) 入院いやだお金かかるもん……。

我が子、頑張って体重増やそうね……。

入院まとめ

思いついた事を簡単にまとめます!

体調・身体

トイレ(小)

出産から半日後には出てました。これは、あんまり恐怖はなかったです。できない人は、尿道に管入れてくれるみたい。

トイレ(大)

出産から三日後に出ました。超怖かったです。結局ふんばる事が出来ず、自然に出てくるのを待ちました。踏ん張って縫合した部分が痛むぐらいなら、個室だしウ◎コ漏れてもいいやとか思ってました。

四日目まで出なかったら、薬出せますよって言われてました。

※ちなみに私が便秘で苦しむのは、退院から一週間後のことです。

子宮

出産後4日目ぐらいまでは、熱を持っていて、押したら固いし痛い。朝昼に助産師さんに押されるのが地味に恐怖でしたね。

骨盤

あまり緩くなったという自覚はありませんでしたが、骨盤ベルトをずっとつけていました。とにかくお尻の骨が痛くて、オマタよりもお尻を庇うために円座クッションを使っていました。ベッドに寝るのも一苦労。寝る時も円座クッションを敷いて寝ていました。

会陰切開

ひたすらウォシュレットにお世話になりました。必須だと思います。抜糸までは、とにかくツキツキ痛いです。抜糸後~一週間は、腫れた感じでジンジン痛いです。

眠い

身体の回復を図ろうとしているのか? めっちゃ眠かったです。昼寝沢山しました。母子同室の人も、赤ちゃんが寝たとき一緒に寝まくったほうがいいです。

病院

個人の産婦人科にしました。結構古いのですが、縁のある産婦人科だったので選びました。出産一時金からの差額も、たぶんそこまで高くない方だと思います(田舎なので)50万いかなかったです。(赤子の治療費を入れたら50万余裕で超えましたけど、あとでちゃんと返金されました)

デメリット:

値段が高い

でも、近くの総合病院はそこまで安くない。安くない総合病院なのに大部屋になってしまう。というわけで、あまりデメリットとして感じず。

NICU(新生児集中治療管理室)が無い

特にリスク有の出産ではなかったので、まぁいいかなぁと。緊急時には搬送してもらえますしね。
逆に個人病院なので、少しでも危なかったら引き受けてもらえないでしょうし。

入院時に聞いた感じだと、個人病院なので総合病院よりかなり先手打って動くとおっしゃっていました。

メリット:

個室

最大のメリットかも。特に、トイレ・シャワーが自由に使えるというのが良かったです。

一緒に入院していた別のママさん、第一子は総合病院だったそうで、「共有だからトイレ・シャワーが自由に使えない&遠いごはん美味しくない・大部屋だと誰かの赤ちゃんが泣くとみんな起きる」などなど、めっちゃ大変だったそう!

会陰切開めっちゃ痛くて大変なのに、トイレとシャワーが自由に使えないのはつらすぎる。初めての母子同室の際、旦那が泊まれたのも良かったです。親戚がみんな来てくれた時も、周囲を気にせずワイワイできました(両隣の部屋は空き部屋)

食事

専属のシェフがいて、美味しかった! とにかく体力回復しなきゃなので、食事がガッツリ出来て助かりました。ザ・病院食は……嫌だったのでよかったです。

先生が決まっている

私がお世話になった産婦人科は、先生は1人なんです。なので、普段検診してくれている先生が、必ず赤ちゃんを取り上げてくれるんです。先生が複数人いると、出産のときに初めて会う先生とかいそうだなぁと……

ねこもち
ねこもち

以上です! 自分の記録代わりに残しておきます~

コメント

タイトルとURLをコピーしました